自分では見えない所のムダ毛処理。

私は背中のムダ毛処理を旦那にしてもらっています。

そうすることになったきっかけは数年前の夏に友達が集まってバーベキューをしたときの出来事です。

その出来事とは、ビキニを着ていた友達の背中のムダ毛がかなり濃くて旦那が衝撃を受けたことでした。私も気づいてはいましたがそこまで気にしなかったのですが旦那はとても気になっていました。

家に帰ってお風呂に入っている時に「あの子の背中の毛すごかったね。あれは恥ずかしいよね。お前のもチェックしといた方がいいよ」と言われて私の背中もチェックされました。

結果「お前は全然毛が濃くないけどうっすらと色が付いた産毛が生えてるから剃ってあげるよ」ということで剃ってもらいました。

それからというもの、生えてきた頃を見計らって旦那から「剃ってあげる」と言ってくるようになりました。

よっぽど友達の背中の毛が許せなかったんだろうなとその度にしみじみ思います。私は自分で鏡で確認してもあまり見えないくらいなのに剃られるくらいですから。

しかしまあ、誰かに背中の毛を見られて「恥ずかしい」と思うのは嫌なので旦那に任せています。

剃ってもらうというのは最初は恥ずかしかったですが、慣れてしまえば自分で処理するより楽なのでとてもいいです。彼氏にはしてもらわない方がいいと思いますが、結婚した相手なら少々の汚いところを見せても逃げられるという心配がないので。

だから私はこれからも背中は旦那に任せたいと思っています。

Vラインは毛抜き絶対使わないで!

Vラインの光脱毛をずっとしたかったのですが、なんせ場所が場所なんで恥ずかしい...と思ってしまい長い間毛抜きで自己処理してました。

すごく肌が柔らかい部分なので、カミソリなんて使うとカミソリ負けしてしまって肌がしょっちゅうあれるので、毛抜きで地道に抜いてました。

毛抜きを使うと肌荒れは起こさないんですが、埋もれ毛が出来てしまったり毛穴がボツボツしてしまったりしてやっぱり汚くなってしまいます。

そして、刺激を与えると肌はどんどん黒ずんでいきます。

結果、水着なんて着れない汚いVラインになってしまってたんです。

もう我慢がならないと、恥ずかしさを押し切って脱毛サロンに通うことにしました。

そして、「自己処理どうしてますか?」と聞かれたので「毛抜きで抜いてました」と素直にいったらサロンの方が絶句。

「毛抜きは絶対にやめてください!」と言われました。

どうやら先ほども書いたとおり、埋もれ毛、毛穴のぼつぼつの原因となるのはもちろん毛抜きで抜くと、脱毛周期が乱れ、光脱毛をする際も普通の人より効果が薄くなり時間がかかってしまうとのことでした。

普通でも2年くらいかかるのに、もっとかかるのかーと思いだいぶ落ち込みました。

そして、未だにVラインの脱毛は終わりきってません。

恐るべし毛抜き。

また、カミソリももちろん肌荒れの原因になるのでいけないみたいです。

自己処理に一番いいのは電動カミソリで、肌にあたらないように毛の処理をし、また、毛の流れに剃ってカミソリを動かすことも大事みたいです。

そして肌に触れていないとしても負担がかかってしまっているので、必ず処理後のケアとして保湿をしてくださいとのことでした!

わからず自己流で処理してると後が怖いので、今後は必ず専門の人に相談してからやるようにしようと思います!

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)

このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

最近のコメント

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。